USB2.0マルチカードリーダー・ライター Digio2 CRW-5M48購入

必要に迫られて、ナカバヤシ株式会社が販売する、USB2.0マルチカードリーダー・ライター Digio2 CRW-5M48を購入しました。

金銭的な余裕があれば、USB3.0対応も考えたのですが、非常に高価(4,000~5,000円程度)なため、790円の安価なUSB2.0対応で妥協しています。

USB2.0マルチカードリーダー・ライター Digio2 CRW-5M48

USB2.0マルチカードリーダー・ライター Digio2 CRW-5M48


パッケージには、38種類のカード対応という機材がありますが、カードリーダー・ライターにおける対応メディア数の表記には前から疑問を感じていました。

例えば、microSDカードの読み書きにはアダプタが必要であっても対応とうたっていたり、SDカードのClassの違いによって1種類と数え、さらには容量の違いだけでも1種類です。

単純にメディアの種類ということでいえば、SD/SDHC/SDXCカード、microSD/microSDHC、MMC、 メモリースティックPRO/PRO Duo/マイクロ(M2)に対応しています。

38種類のカード(9種類のメディア)に対応

38種類のカード(9種類のメディア)に対応

CRW-5M48本体は非常に小型で、メディアカードの中でも比較的大きいメモリースティックPRO Duoを挿入すると、本体に収納される部分はほんの一部分だけです。

CRW-5M48 本体

CRW-5M48 本体

メモリースティックPRO Duo挿入時

メモリースティックPRO Duo挿入時

カードリーダーの多くはUSB接続用のケーブルが別になっていますが、CRW-5M48は、ケーブル一体型で、USBコネクタ部分が底面に固定出来るという、よく考えられた作りになっています。

CRW-5M48 裏面

CRW-5M48 裏面

CRW-5M48 USBコネクタ格納部分

CRW-5M48 USBコネクタ格納部分

メディアカードを挿入する部分は4箇所ありますが、複数のメディアカードを挿入しても1つしか認識されません。他のカードリーダー同様です。

試しに複数のメディアカードを入れたり出したりしてみると、メモリ内のファイル一覧が文字化けする事態になりました。もう一度挿し直すと元に戻りましたが、やめておいた方が賢明です。

体感的に、転送速度が非常に遅い気がしますが、メディアカードが読み込めれば特に速度は気にしません。鞄に入れておけば重宝する一品です。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

Google AdSense