キーボードのキーが光るストラップ ミニキーライト(MINI KEY LIGHT)

広い意味での”コンピュータ”をモチーフにした雑貨は、すでに一般的に浸透しつつあります。例えば、ノートパソコンの形をした手鏡、iphoneの形をしたメモ帳などです。

今回、時計や周辺機器OEMのメーカーである株式会社 誠時が販売する、キーボードのキーの形をした光るストラップ・キーホルダーを購入してみました。

1個525円(税込)というお手軽な価格で、Delete、Insert、Page Up、Page Down、Back Spaceの5種類が発売されています。購入したキートップ(キーボードのキーの上面)の印字は、DeleteとBack Spaceです。

誠時 ミニキーライト(MINI KEY LIGHT) 外見

誠時 ミニキーライト(MINI KEY LIGHT) 外見


標準ではストラップが本体についておりますが、キーホルダーに変更することも可能です。この金額でキーホールダー化する付属があるのは助かります。

ミニキーライト(MINI KEY LIGHT) 中身

ミニキーライト(MINI KEY LIGHT) 中身

正面から見ると非常に格好がつきますが、側面を見てみると非常に厚く、ストラップとしては少し不格好になります。縦240mm、横240mm、高240mmと正立方体です。

ミニキーライト(MINI KEY LIGHT) 側面

ミニキーライト(MINI KEY LIGHT) 側面

ミニキーライト 側面(1円玉との比較)

ミニキーライト 側面(1円玉との比較)

それなりの高輝度白色LEDを搭載しているようで、明るさは強くはありますが、LEDなので光りは直線的で拡散しないため、電球のように周囲を明るくするほどではありません。

ミニキーライト(MINI KEY LIGHT) 消灯時(オフ)

ミニキーライト(MINI KEY LIGHT) 消灯時(オフ)

ミニキーライト(MINI KEY LIGHT) 点灯時(オン)

ミニキーライト(MINI KEY LIGHT) 点灯時(オン)

使い捨ててではなく、裏側のネジを外せば電池交換が可能です。LR-41のボタン電池を2個使うようです。LR-41は高くでも1個100円以下なので、現実的な価格だと思います。

ミニキーライト(MINI KEY LIGHT) 裏側のネジ

ミニキーライト(MINI KEY LIGHT) 裏側のネジ

ミニキーライト(MINI KEY LIGHT) 電池交換

ミニキーライト(MINI KEY LIGHT) 電池交換

スイッチは比較的固めで、深く押さないとLEDは点灯しません。誤操作はなさそうですが、点灯し続けた場合でも自動的に消灯する機能はないので、切り忘れに注意が必要です。

ミニキーライト(MINI KEY LIGHT) 箱との比較

ミニキーライト(MINI KEY LIGHT) 箱との比較

不満点としては、高さがありすぎることにつきます。高さは半分におさえ、光る部分が上面だけになる可能性がありますが、キーサイズそのものに出来れば理想的ではあります。

他に、強いていえば、Back Spaceが日本語キーボード仕様ではなく、英語キーボードなどと同じサイズにして欲しかったと思います。

Sony VAIO Z(VPCZ11AGJ)の光る英語キーボード

Sony VAIO Z(VPCZ11AGJ)の光る英語キーボード

また、Page UpやPage Downといったキーよりも、EscやCtrlを作って欲しかったです。キーサイズが異なるのでコストの問題がありますが、印字を変えただけではこだわりがありません。

LEDミニライトのような光りの方向性がないので、実用性はほぼありません。高さ250mmさえ問題にしなければ、安価に購入出来るお勧めの雑貨ではあります。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

Google AdSense