15個のCredit Card Lightbulb

クレジットカードサイズのLEDライトがあるという話を聞き、ネット上を探した結果、ThinkGeekからCredit Card Lightbulbという名前で販売されていたのを見つけました。そういえば、遠い昔、Engadgetで見た記憶があります。1個$4.99と思ったほど安かったので、早速、5個ほど購入してみました。

購入手続きが完了して数日たった日、ふとDealExtremeを見てみると、同じような外見を持つUnique Novelty Credit Card Light Bulbが販売されていたのを見つけました。YellowOrangeの2色が用意されており、Yellowが$1.76、Orangeが$1.90とThinkGeekの半額に近い価格で販売されています。

安さにつられて、YellowとOrangeを5個づつ購入してしまい、結果的に合計15個ものCredit Card Lightbulbが我が家に届くことになりました。

15個のCredit Card Lightbulb

15個のCredit Card Lightbulb


左側の2つがThinkGeekで購入、右側の4つがDealExtremeで購入したCredit Card Lightbulbです。DealExtremeだけあって、Yellowが他と異なるパッケージで、微妙に小さいサイズになっています。

Credit Card Lightbulbのパッケージ

Credit Card Lightbulbのパッケージ

ThinkGeekのCredit Card LightbulbとDealExtremeのOrangeは同サイズで、8.56cm x 5.40cm x 0.3cm でした。厚み以外はクレジットカードサイズと一致します。Yellowのみ、8.35cm x 5.00cm x 0.3cm と微妙に小さいサイズになっています。

クレジットカードサイズのLEDライトといっても、厚みが一般的なカードサイズの3倍以上(クレジットカードの厚みは0.09cm程度)あるので、クレジットカードのように財布にいれることは困難です。厚みを含めてクレジットカード並だと思っていたので残念です。

販売元は、Xiamen Doulex OPTO Technology Co., Ltd.という中国にある中小企業で、doulexというブランドから、主にLED関係の小物を製造しているようです。Credit Card Lightbulbの正式名称は、pocket lampとなっています。厚みを考えると、Credit Card Lightbulbよりも、pocket lampという表現のほうが適していると思います。

pocket lampは、様々な色で展開されているようです。Amazon.co.jpで白以外を発見しましたが、販売価格が900円~980円ととても高いです。楽天では、630円ほどで見つけました。今更ながら、日本でも買えたようです。でも、急ぎではなく、色も白でよければ、価格が安いDealExtremeからの購入をお勧めします。

また、電球の形ではなくクリスマスツリーの形をしたものやハートの形をしたものもあるようですが、販売しているオンラインショップを見つけることが出来ませんでした。卸であれば、100個で$89.58、1個あたり$1もしない驚きの低価格です。

doulex pocket lampの紹介

doulex pocket lampの紹介

購入したpocket lampをパッケージから出してみました。ThinkGeekで販売されているCredit Card Lightbulbは、黄色に近いLEDです。DealExtremeで販売しているCredit Card Lightbulbは2色、YellowとOrangeですが、YellowのはずがWhiteに見えます。

Credit Card Lightbulbの取り出し

Credit Card Lightbulbの取り出し

部屋を暗くしてみました。左側はThinkGeekで購入したもの、右側の2つはDealExtremeで購入したもので、書いていて不安になりますが、商品紹介ページでは、WhiteではなくてYellowでした。

Credit Card Lightbulbの発光状態

Credit Card Lightbulbの発光状態

前途の通り、合計15個のCredit Card Lightbulbがありますので、全て取り出して光らせてみました。なぜか灯籠流しを思い出させます。

15個のCredit Card Lightbulbを発光

15個のCredit Card Lightbulbを発光

Credit Card Lightbulbの仕組みはとても単純です。電球の形を模した透明なプラスチックの部分を起こすことで、コイン電池CR1216とLEDチップが組み込まれているユニットにある電極が接触して通電、LEDが発光して、電球の形が光を拡散させます。寝かせたままのカード状態では発光することはないようになっています。

Credit Card Lightbulbのスイッチ

Credit Card Lightbulbのスイッチ

DealExtreme経由で購入したCredit Card Light Bulbの1つの出来が悪く、触っているうちに電球の形を模した透明なプラスチックを固定させている爪部分が折れてしまったので、そのまま分解してみました。

Credit Card Lightbulbの分解

Credit Card Lightbulbの分解

使われている部品も多くなく、あまり面白みがありませんが、コイン電池入りで売価150円程度、卸価格の場合、1個あたり$0.62~$0.90で販売されていることを考えると、いったい本体のコストはいくらなのか気になります。

Credit Card Lightbulb(pocket lamp)は安価に入手可能なユニークなLEDライトで、手軽なプレゼントとして、ネタとしてお勧め出来る一品です。

勢いで買ってしまった15個のCredit Card Lightbulb、1つ壊れてしまったので残り14個ですが、これをどうしようか悩んでいます。

Leave a Reply

Google AdSense