FAT32とNTFSの速度比較 フラッシュメモリ版

以前、ノーブランド(東芝OEM) MicroSDHC 32GBにおいて、FAT32とNTFSの違いで77%ほどWrite(書き出し)が低下したことがありました。

SiliconPower MicroSDHC 8GB Class10(SP008GBSTH010V10-SP)を、初期状態のフォーマット形式であるFAT32からNTFSにフォーマットし直して、ベンチマークを計測してみることにしました。

FAT32とNTFSの速度比較

FAT32とNTFSの速度比較

結果、シーケンシャルのWrite(書き出し)において、64%の速度低下が見られました。NTFSはFAT32と比べて速度が劣るという認識はありましたが、せいぜい数%程度であって、6割近くもの速度低下が発生するとは思っても見ませんでした。速度の低下がシーケンシャルライトに限って発生している結果も、興味深い部分です。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

Google AdSense