Elecom MicroSD専用メモリリーダライタ MR-SMC03

MicroSDへのデータ転送をもっと簡単に行いたくて、Elecom社のMicroSD専用メモリリーダライタ MR-SMC03を購入しました。880円(税込)という手軽な価格、1円玉程度の極小サイズ、ストラップ付属といった特徴を持っています。

Elecom メモリリーダライタ MR-SMC03

Elecom メモリリーダライタ MR-SMC03


箱から取り出し、早速MicroSDカードを挿入しようとしましたが、マニュアルを読まない性格のため、始めはどこに入れるのか分かりませんでした。何かに負けたような気持ちでマニュアルを取り出すために箱を見ると、外箱にイラストで挿入場所が書かれていました。どうやら僕は箱すら見てなかったようです。

MicroSDカードの挿入場所

MicroSDカードの挿入場所

USBコネクタ端子内に、MicroSDカードを挿入するというアイディアにはちょっとしたカルチャーショックを受けました。調べてみると、極小サイズと銘打ったMicroSD専用メモリリーダライタは他社メーカも同じ方式のようで、これが一般的なのかもしれません。実際に挿してみると、完全にすっぽり入ってしまい、焦ります。

MicroSDカードの取り外しも分かりませんでした。SDカード本体を押すとカードが少し飛び出すので手で抜くという方法が一般的だと思いますが、MR-SMC03などの場合、取り出しスイッチを押し込むとSDカード本体が出てくるようです。この仕組みが分からず、一度挿入するともう取り外せないのかもと馬鹿なことを考えたほどです。

MicroSDカード挿入時

MicroSDカード挿入時

MicroSDカード取り外し時

MicroSDカード取り外し時

ここまでコンパクトだと、MicroSDカードを挿入しっぱなしにて、USBメモリとしても活用できそうです。ただ、キャップ紛失の危険性は避けられず、キャップ紛失後、なにかの拍子にMicroSDまで落としそうで怖いです。

サイズ比較

サイズ比較

それにしても、単なるメモリリーダライタで使い方で、それもMicroSDカードの挿入と取り出しに戸惑うとは夢にも思いませんでした。今回の教訓は、つまり、RTFMってことです。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

Google AdSense