Panasonic LUMIX DMC-FX77購入

2011年02月25日発売のPanasonic LUMIX DMC-FX77を購入しました。3.5型タッチパネル液晶で”タッチでかんたん撮影”に加えて、新搭載するアプリケーションで”撮った後でもタッチでかんたんに楽しめる”のが特徴です。

Panasonic LUMIX DMC-FX77

Panasonic LUMIX DMC-FX77


発売日当日である25日調査時点で、楽天最安値が28,793円(税込/送料込)、価格コム上では28,293円(税込/送料込)、ヨドバシカメラ、ビッグカメラで34,800円(税込/3,480ポイント付き)でした。

家の近所にあるケーズデンキで在庫を確認、”新製品が安い”という謳い文句を最大限に生かして欲しいと要望した結果、一発で28,000円(税込)を提示されたので、即決しました。予想価格の3万円を大幅に下回り、価格コム最安値以下で驚きました。さすがはケーズデンキです。

帰宅後、Panasonic LUMIX DMC-FX77を開封してみます。ちなみに、ケーズデンキ購入特典として、FX77用の液晶保護シールがもらえました。しかしながら、とても残念な出来だったので、液晶保護シールは別に買うことにします。

FX77開封

FX77開封

FX77は、前機種であるFX70よりもバッテリ容量が劣っています。FX70が940mAhに対して、FX77は680mAhです。カタログスペック的には、FX70で360枚撮影可能でしたが、FX77で200枚しか撮影することが出来なくなりました。その理由がバッテリの薄さです。

FX77バッテリ DMW-BCK7

FX77バッテリ DMW-BCK7

驚くほど薄いバッテリです。なにかの拍子に折れてしまうのではないかと思うほど薄いです。FX77本体も20.6mmと薄そうに思えますが、FX70は22.8mmで、約3mmしか違いません。利便性を考えるのであれば、FX70と同じバッテリを使って欲しかったです。

一通りFX77を触ってみましたが、タッチパネル搭載のおかげで直感的に操作することが出来ました。しかし、設定画面が全てアイコンのみで表示(長押しで説明表示)されるため、見慣れないアイコンは意味がわかりません。

抵抗膜式(感圧式)であるがためか、マルチタッチに対応していません。携帯などでマルチタッチに触れることが多くなっているため、うっかりピンチ操作してしまいます。画質などに関しては気が向いたらレビューするつもりです。

ちなみに、ケーズデンキのデジカメ売り場において、FX77の隣では、2011年03月04日発売予定のSony Cyber-shot DSC-WX10が予約販売中でした。今WX1を使っているので、僕は、WX10が欲しいです。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

Google AdSense