USBクレードル for GALAXY Tab

先月、PDA工房楽天市場支店で”USBクレードル for GALAXY Tab”を購入しましたが、Docomo純正のUSB接続ケーブル SC01が入手出来たので、机の上にずっと放置していました。気がつくと、埃をかぶり始めたので、レビューのために使ってみることにしました。

“For SamSung Galaxy Tab US”と書かれたシールが貼られた白い箱の中に、USB(A)メスのACアダプタ、USB(A)オス-USB(miniB)オスのケーブル、クレードル本体がビニールにくるまれて入っていました。ビニール袋を撮ってみると、中途半端に保護シールが貼られていました。本体を見ても、メーカーは書かれていません。

USBクレードル for GALAXY Tab開封

USBクレードル for GALAXY Tab開封

さっそくGalaxy Tabをクレードルにセットしようとしましたが、Galaxy Tabに使っているケースの厚みが邪魔になって入りません。常用する場合、ケースを都度外すか、ケースを諦める必要があります。Samsung純正のクレードルも同じようですが、少し余裕を持って欲しかったです。

クレードルの側面

クレードルの側面

ケースを外してGalaxy Tabをクレードルにセットし、USB経由でPCに接続すると、充電も行われており、データ転送も正常でした。Docomo純正USB接続ケーブル SC01と同様に扱うことが出来ました。

GALAXY Tab on USBクレードル

GALAXY Tab on USBクレードル

USBクレードル for GALAXY Tab付属のACアダプタにはPSEマークが入っていません。PDA工房のUSBクレードル for GALAXY Tab販売ページでは、”日本国内での使用ができません”という記述があります。しかし、本来は、”PSEマークがない製品の製造・輸入・販売の禁止”であり、制限は販売側であって、利用者側の制限は一切問題ないはずです。試しに、付属ACアダプタを使って、充電状況を確認してみることにしました。

Galaxy Tabには2つの充電モードがあります。1つは、ACアダプタを使った充電で、220分程度で充電が完了します。もう1つは、USB経由などの充電で、440~560分程度で充電が完了します。充電モードの違いは、充電時のアイコンで判断することが出来ます。

USBクレードル for GALAXY Tab付属のACアダプタで確認してみると、フル充電モードになっています。ACアダプタだけでも活用できそうです。

Galaxy Tab バッテリアイコンの違い

Galaxy Tab バッテリアイコンの違い

Docomo純正の場合、ACアダプタ SC01 [ASC39004] 2,100円、USB接続ケーブル SC01 [ASC59035] 1,365円で、計3,465円(税込)です。対して、USBクレードル for GALAXY Tabは、3,315円(税込/送料込)でした。

Galaxy Tabにケースを使っておらず、クレードルを日常で使う場合で、非純正でも構わなければ、USBクレードル for GALAXY Tabはお買い得な商品となります。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

Google AdSense