postheadericon 南京鍵の形状をしたポータブルハードディスクの登場。

株式会社アイ・オー・テータは02月23日、南京鍵の形状をしたポータブルハードディスクを発売すると伝えた。ポータブルハードディスク本体が鍵であるため、盗難や置き引きを防ぐことが出来るという。

南京鍵ポータブルハードディスク Secure Portable Harddisk Drive

南京鍵ポータブルハードディスク Secure Portable Harddisk Drive


「小型ハードディスクの価格低下により、USBやIEEE1394を使ったポータブルハードディスクが市場に出回っている。セキュリティ対策としてデータの暗号化などを行うソフトウェアを提供しているが、物理的な盗難には効果がなかった」とストレージ事業部 松野輝男氏は語る。

ポータブルハードディスクとは、2.5インチのハードディスクにUSBなどのインターフェースを付属した持ち運び可能なストレージドライブだ。対応したインターフェースが使用しているパソコンにさえあれば、40GBや60GBもの大容量データを手軽に持ち運べるため、企業などで多用されている。

「仮にポータブルハードディスクを盗難されたとしてもデータを暗号化していれば情報漏洩の可能性は非常に低いだろう。しかし、盗み出されること事態がデータの喪失に繋がり、個人情報が含まれていれば企業ダメージも大きい。こういった危険を防ぐ必要を感じていた」(同氏)

従来のポータブルハードディスクはカード型のため、盗難や紛失する危険性が高くあったが、今回発表されたポータブルハードディスクは、本体が南京鍵の機能を持っている。「鞄などに鍵をつけることで、安易な盗難を防げる」と同氏はいう。

「外し方は3桁の数字を合わせるダイヤル式ロックを採用している。鍵がロックされている状態でのみハードディスクを認識するため、鍵が外れたままでは使うことが出来ず、さらなるセキュリティが追加されている。盗難と紛失は完全に対応出来たといえる」(同氏)

南京鍵ポータブルハードディスクは従来の形に手を加えただけだ。しかし、少しの変更が素晴らしい効果を生み出した。必要なのは技術力の進化だけではなく、応用力であるという証明だろう。

2005年11月05日公開
2010年08月03日 記事内日付変更(11月04日->02月23日)

あめだまについて

ありえそうでありえない商品、あったらいいなぁというものを紹介しています。ここに紹介する商品は実在しませんので、悪しからずご了承下さい。

あめだまぶろぐ、始めました。検証とかレビューとか中心です。

カテゴリー
アーカイブ